travel
local
meal
fishing
profile
bbs
links
sitemap
top




♥ 仙酔島のキャンプ ♥



--- 2003年8月20〜21日 ---

photo gallery 17枚の画像が見れます!

お盆も終って朝夕がかなり過ごしやすくなったこの時期の仙酔島は利用客も少なく、ホテルやテントなどの使用料金も安いので、今回はあえてこの時期を選んで3家族で出かけることにした。


子供たちはテントへ、大人たちはホテルへ泊まる。

当初は子供たちを含め総勢12名全員でテント生活を・・・という案も出るには出たが、呑んべぇ〜の私とA氏・T君の3人が、「呑んだ後は露天風呂に入ってエアコンの効いた部屋で寝るのが一番!」・・・と、押し切って、結局子供たちとお母さん・ばあちゃんがテントへ泊まり、我々呑んべグループはホテル「仙酔島」を利用することに・・・。 ■ホテルの写真集はここ!


テントとホテル「仙酔島」との間は徒歩で2〜3
分で行けるからとても便利だ。


テントのすぐ近くにはトイレがあるのでとても
便利だ。

仙酔島を我が物顔に走る軽トラ。
ナンバープレートの代わりに「寿老人」と書かれ
た木版が・・・。
クーラーや食料を運ぶために借用した。

着くとすぐに昼食のBBQのための炭火をおこす。
テントには冷房や水道、照明などの設備があり
写真のドラム缶も常備品なのでとても便利だ。

BBQのあとは、ばあちゃん手作りの焼きソバ。
フライパンを忘れたので急きょ鍋を代替品に・・・。


子供たちも美味しそうにパクつく。

夜のビーチで花火大会をする。

私たちのグループ以外にも、あちこちで
子供たちが花火をしていた。


昼間も何頭か見かけたが、夜になるとすぐ近く
までエサを求めて来るタヌキ。

翌朝地元の人に聞くと、彼らは「タヌキ」じゃな
くて「ムジナ」だと言うが真偽のほどは???


お盆過ぎという事もあって海水浴場の人影は
少ない。見張り役のバイト学生も手持ち無沙汰
の様子。

日中はまだまだ暑く、日陰で食べる冷えた
スイカはまた格別の味がする。

■ 一晩泊まりのキャンプではあったが、家族それぞれの自宅から車と渡船を乗り継いでも1時間余りで来れるこの仙酔島は、本当に手軽で便利のいいレジャー施設だと思う。子供たちも夏休みの終わりを充分に楽しんだようだ。 ※ アクセスや料金などの詳しい情報は、ホテル「仙酔島」のHPへどうぞ。。。



back