travel
local
meal
fishing
profile
bbs
links
sitemap
top




真夏の海とBBQ



体感温度は40度を軽〜く超す真夏日が2週間も続くある日
行きつけの魚料理店「手結=てい」のスタッフを連れて六島での海水浴を楽しんだ
よく泳ぎ よく飲み よくしゃべり よく食べたが、満足度100%の1日となった



data:2004年7月29日(木)快晴 海上はベタなぎ
マリーナから六島までの所要時間は15分余り



約束の集合時間10時の20分前に芦田川河口にある「ビューマリンハーバー」に着くが、まだ誰も来ていない。
飲み物の入ったクーラーやビニールシートなど車のトランク一杯の荷物を降ろしていると
「手結」のメンバーが到着して手伝ってくれた。
今回使用するボートはA氏所有のヤンマー「とびうお」で
艇長32フィートに200馬力のインボート・アウトドライブエンジンを搭載しているから
4,000回転近くまで回すと30ノットは楽に出る素晴らしくパワフルなフィッシングボートだ。
もちろん、レーダーや魚探、GPSなどのほかに
キャビンの中には水洗トイレも完備しているから、女性も安心して乗船できる。



午前10時を少し廻った頃にマリーナを出航して徐々にスピードを上げたボートは
一路「大飛島=通称おおびし」と「小飛島=こびし」の間を目指してひた走る。
大飛島を過ぎると六島までは5分ほどの距離だがボートの船尾のテントのお陰で
直射日光を受けることも無く快適なクルージングとなった。


ボートに乗り降りする時に欠かせないのが写真の脚立。
特に女子供を同行させる場合には必需品だ。

六島の東側にある無人のビーチ。
この日の本土近辺は赤潮に見舞われ灰色に近い
海の色だったが、このあたりまで来ると海もきれいだ。

写真の左の山沿いには大きな木がせり出していてビーチに
日陰を作ってくれるから、テントを張る必要も無い絶好の
ポイントだ。

ひと泳ぎした後にはキンキンに冷えたビールが最高に
美味い!みんなで手分けしてBBQの用意をする。

早く焼けないかな〜
焼肉のタレが入った紙の皿を持ってアッチへ行ったりコッチヘ
来たり・・・

山間の木立が作った自然の日陰にいると
とても涼しくて快適だ。

「タコ!獲ったどー!」近くの磯で潜っていた手結のオーナー。
アナタはすごい!5〜6個のサザエのほかにタコまで獲ってきた。

獲ったタコは絞めた後に海中の砂でヌメリを取り
そのまま網の上へ!

サザエは網の上で焼き、噴出したら焼肉のタレを少量注ぐと素晴らしくマイウー!

うーん! タレが焼ける良い匂いがあたり一面に・・・
誰だ!? お腹を鳴らしているのは・・・?

直径が10センチ近い大物のサザエもいくつかあった。

泳いで飲んで食べた後は・・・? コレっきゃないでしょ!
午前10時過ぎにマリーナを出て六島のビーチで泳ぎ、ビールとBBQでお腹を満たしたあとはひたすら眠り、目が覚めると又ビールを飲み、帰還したのは午後5時近かったが、本当に楽しいひと時でございました。 ハイ。


back