想い出のシーン

学生時代は音楽に始まり音楽に終わる… そんな生活を送っていた。
だから想い出のシーンとなると、どうしてもステージに立っていた時代のものとなってしまう。
幼少の頃はハーモニカに馴染み、女性を意識する純情可憐な?農村少年時代にはオーケストラでホルンを吹き、下半身に異常?を発見する頃になるとテナーサックスに溺れ、バッハを弾く憧れのマドンナに近づきたいがためにピアノの教えを乞う。。。
いま思い返すと、何と一途で純情な?我が身であったか…。
♪帰りたいけど帰れない〜 なんて歌があったかどうか。
想い出ってやつは、時にやさしく時に残酷なものなんですね…。