travel
local
meal
fishing
profile
bbs
links
sitemap
top
  



中華人民共和国
people's republic of china

beijing


2002年9月20日〜23日(3泊4日)

1日目  2日目-1  2日目-2  3日目  4日目

先日、高校時代に一緒に音楽をやっていて現在は旅行会社にいる先輩からTELが入り、「日中国交正常化30周年記念・北京大祭典」ツアーに参加して欲しい・・・とのこと。
人に物を頼まれると「イヤ」と言えないのが私の唯一の?欠点で、即座にOKを出してA氏(プーケットにも毎回一緒に行く友人)に誘いの電話をかけると、これまた一発で「いいよ!」。

しかし、旅行は自由気ままでなきゃあ・・・をモットーとする私達二人のこと。もらった3泊4日のスケジュール表を一目見て即座に変更をお願いした。
@ 4日間のうちの中2日(歓迎レセプションや植樹祭などに参加・・・)をフリーにして、日本語が話せる美人(ここが一番大事!)のガイドと、運転手付の車を用意すること。
A ホテルは一人部屋にすること。
(ココだけの話だが、A氏のイビキがすごくて、相部屋だと100%睡眠不足になる。)

以上の条件を了解してもらって、費用は当初の金額と同じに・・・ (無理やり)して頂きました。
    せんぱいィ〜! ありがとォ〜!!


● 下のマップをクリックするとズームインします。

クリックするとズームインします。



--- アバウトな北京の基礎知識 ---


■中華人民共和国の英語名は「people's republic of china」で、首都は北京。(Beijing)
■面積は日本の約26倍で人口は12億を超える。てぇ〜ことは、世界中の人口の5人に一人は中国人!すごっ!

●気候
■北京は大陸性気候で年間を通して非常に乾燥していて、夏は猛暑、冬は極寒の日が続く。
従って、ベストシーズンは4〜6月・9〜10月と、結構短い。

月別平均気温・平均降水量

jan feb mar apr may jun jul aug sep oct nov dec
平均気温/ ℃ -3.7 1.6 8.1 14.0 21.5 25.4 25.2 25.2 21.3 13.9 3.7 -0.8
平均降水量/ _ 3.7 1.5 0.3 16.9 8.6 39.2 206.4 158.5 18.3 9.9 43.4 0.0

北京の週間天気予報はここ

●服装について
■私達が訪れた9月後半の北京市内は、日本国内と同じ半袖シャツに綿パンでOKでしたが、「万里の長城」や「民の十三陵」の地下宮殿あたりは結構寒くてジャンバーが必要でした。
ホテルやレストランなどでネクタイは必要ありませんが、やたらエアコンを効かせているので、寒がりの人はジャケットなどを用意しましょう。

●お金とチップ   現在の為替レートはここ
■通貨は人民元(CNY)で単位は「元」ですが、紙幣には「圓」と表示してあります。
  紙幣の種類:100元、50元、20元、10元、5元、2元、1元 (元の補助単位に角と分がある。)
  貨幣の種類:1元、5角、2角、1角 (角の補助単位に分がある。)

100元 50元 20元 10元

両替証明書■両替は空港やホテル、市中の銀行などで出来るが、ほかの国と違ってレートはどこもほとんど同じで、1元 = 約15円。
ただ要注意なのは、両替のときに人民元と一緒にくれる両替証明書を大切に持っておくこと。
← 余った元を円に再両替する場合には、この証明書が必要となります。
ただし、再両替の場合は両替証明書の金額の50%までと決められているので、一度に大金を両替しないことです。

■レストランやタクシーなどのチップは基本的に必要ないが、無理を聞いてもらったり深夜のルームサービスをお願いしたときには5〜10元程度のチップを渡すといいでしょう。

●その他
■日本との時差はマイナス1時間で、日本の正午は中国では午前11時になります。

■電圧は220ボルトですから、日本からの電気器具を使用する場合には変圧機とアダプターが必要です。高級ホテル以外では常備していないところが多いので、注意が必要です。

■北京市内のホテルやレストランなどは日本と同じように水洗トイレがありますが、郊外の観光地あたりのトイレ事情は決してよくないので注意が必要です。トイレットペーパーなどは無くて当たり前的雰囲気ですから。。。
--- 1日目 ---


広島空港から大連経由で北京首都国際空港(Beijing Capital International Airport)までは4時間余りのフライトだ。途中、機内で出された機内食は、メインディッシュがチキンのものと日本風の幕の内弁当の2種類。



花より団子じゃないけれど、私たちは喰うより飲むのが先で、チキンをつまみに広島空港の免税店で仕入れてきたスコッチをロックでグビグビ・・・。

大勢の客の中で何度も氷をお代わりするのは私たちだけで、それも5度、6度目あたりになると、さすがにフライトアテンダントのお嬢さんの笑顔もディクレッセンドに(音楽用語でだんだん小さく・・)なったきたようだ。

途中で寄った大連国際空港で1時間足らず機内に缶詰にされたが、夕刻には無事北京に着いた。







委託荷物をピックアップするターンテーブルにあった電子掲示板には"广島"と表示してある。これで"広島"と読むのはなぜが奇妙だ。



税関のすくそばには「中日国交正常化30周年」の文字が・・・



到着ロビーを出て迎えのバスに乗り込み、今夜の宿泊先のホテル「好苑建国商務酒店」へ向かった。
--- 今回利用したホテル ---


好苑建国商務酒店
jianguo gaden hotel beijing

address : 19 jianguo men nei da jie, beijing, 100005, people's republic of china
tel : (86) 10-65286666

map web



■北京中心街の天安門のすぐ近くという絶好の場所にあるこのホテルは、ごく最近リニューアルしたらしくて、室内は広く、とてもきれいで清潔だ。
ホテル前には、中央に噴水をレイアウトした庭園があり、大きな回転ドアーからロビーに入ると、乳白色の大理石を敷きつめた床に置かれた白いグランドピアノが目に入る。



あまりの雰囲気の良さについその気になって「マンハッタン」と「トゥーラブアゲイン」を弾いてしまった私に、フロントやロビーにいた人たちが絶大な拍手をパラパラとしてくれた。



部屋はベージュ系の色で統一されていて、とてもキレイ!



ベッドの上には一輪のウェルカムフラワーが・・・



チェックインを済ませて荷物を置いたホテルの部屋を後にして、近くの屋台で簡単な夕食をとる。
いつものプーケット旅行のように、チケットだけを手配して向こうでは10日間まったくのフリー・・・な訳にはいかないのが今回のようなツアー旅行だ。明日は7時に朝食を済ませて8時には迎えの車に乗る。らしい・・・。
ホテルに帰り、Aさんと2人で食後のイッパイをやりながら、今宵は早めに寝るとするか〜。となった。



back