travel
local
meal
fishing
profile
bbs
links
sitemap
top
  




republic of korea


韓国の旅


その1  >>> その2


ソウルの仁川国際空港にて。暮れも押し迫った2002年の12月の半ば、行きつけのラウンジ「S」のママが「来年の1月後半に慰安旅行で韓国へ行くんだけど一緒に行かない?」と、のたまった。なになに?店の慰安旅行ってぇ〜ことは参加者は当然女の子ばかりじゃん?こりゃ〜断る理由
がないわい。・・・ということで、プーケットへいつも一緒に行くA氏を誘うと即座にOKをくれた。
スケジュールは1月19日出発の2泊3日とのことなので2月1日からのプーケット行きに支障はないが、寒い時期に極寒のソウルへ行くのは若干気が重い。・・・が、周りが女の子だらけの旅はあまり記憶にないので、ま、いいか。。。
1日目のソウル


当日の朝は薄曇りで気温は6〜7℃くらいか、かなり寒い。
集合時間の正午10分前に広島空港2Fの国際線ロビーに到着すると、すでにママをはじめ店の淑女?達が集まっている。なかには子連れ組も何人かいたが、厨房のおばちゃんなど総勢で15名のツアーとなった。

13時55分、JAL965便(B767)は予定通り広島空港を後にした。ソウルの仁川国際空港までは1時間40分のフライトだから、広島からは沖縄よりも近いということになる。

※ マップをクリックするとズームインします。

クリックするとズームインします。
仁川国際空港内は広くて綺麗だ。■定刻通りに仁川国際空港へ着いた私たちは2Fの到着ロビーで入国手続きを終えて迎えのバスに乗り込んだ。
ソウルはやはり寒かった!現地添乗員に聞くと現在の気温は−1℃だと言う。う〜ん、ブルブル。。。

■ソウルには10数年前に何度か来たが、その頃は金浦空港を利用していたので、2001年3月にオープンした仁川国際空港に降りたのは初めてだ。港内は驚くほど広くて綺麗だが、以前の金浦空港と違ってソウル市中心街まで40km強あり、車で1時間以上かかるのが難点と言えば難点だ。
●お金について
韓国は他の国に比べて一番レート換算が簡単だ。通貨単位はW(ウォン)で、1,000Wは約100円となる。
紙幣の種類は1,000、5,000、10,000ウォンの3種類で、コインは500、100、50、10、5、1ウォンの6種類ある。
・・・ということは日本とほとんど同じなのだが、5、1ウォンは最近あまり使われていないらしい。
          現在の為替レートはここへ!

1,000ウォン 5,000ウォン 10,000ウォン


●もろもろ

220Vのコンセント電圧は110V と220Vの2種類あるようだが、ホテルでは220Vのピン型コンセントしか見当たらなかった。従って日本の電気製品は使用できないからアダプターなどが必要となってくる。

水事情については東南アジアはどこも同じようなもので、ミネラルウォーターかボイルドウォーターが無難。

時差はなくて日本時間と同じ。
 ソウル市内を歩く 
 

 

■空港からバスで1時間半近くかかって着いたのが、かの有名な日本人ご用達のロッテデパートだ。
地下1Fの食品売場から10Fの免税店、11〜12Fのレストラン街まで、どこを歩いてもすごい人出で、あちこちで日本語が飛びかっていた。
まったく買い物をする気のないA氏と私は、すっかり目の色が変った女性群に付き合って化粧品売場や免税店などを廻るが、さすがに2時間近くのお付き合いにはほとほと疲れ果ててしまい、近くにいたママに耳打ちをした。「そろそろビールが恋しくない・・・?」
私と同じでお酒大好きなママに異存などある筈がない。「行こ、行こ!」20分かけて店内に散らばっている皆を集めて、梨泰院にある夕食会場の韓国焼肉店「一松亭」に行った。
韓国焼肉店「一松亭」

ソウル市竜山区梨泰院洞130-1 TEL 02-798-7345 年中無休・24時間営業・日本語OK!
   
            夕食風景 →

■広い店内に靴を脱いで上がると座卓が広間一面に並んでいる。その一角に席を取り座り込むとすぐにビールを注文して「カンパーイ!」 カルビや牛タン、豚ロースなどが大量に運ばれると皆さん急に無口になり、ただ一心に箸と口を動かすのみ。焼肉の後の石焼ビビンバや冷麺も最高だった。
この店は年中無休でしかも24時間営業をしていると聞いてマジ驚いた。


 利用したホテル 

豊田ホテル豊田ホテル (プンジョンホテル) hotel poong jun web

#73-1, 2ka, inhyun-dong, choong-ku, seoul, korea
tel:(02) 2266-2151 fax:(02) 2274-5732

■豊田ホテルはソウル都心の明洞と東大門市場の中間に建っている10階建てのホテルで、宿泊客の9割が日本人だというだけあって、フロントやロビーのスタッフのほとんどが日本語を話せる。また、このホテルから地下鉄乗場までは徒歩で10分とかからないし、近くには商店街や食堂などがあるので散歩がてらに歩き回るのもいい。

ホテルの外観は全体的に古びた感があるが内部はリニューアルしたらしくて、ロビーや室内などはとても綺麗でだった。

階段を上るとフロントへ

フロントロビー付近

部屋は綺麗だった

清潔なバスルーム



その1  >>> その2


back