travel
local
meal
fishing
profile
bbs
links
sitemap
top
  



phuket


予備知識 遊ぶ 観る 食べる 離島 泊まる 旅行記



プーケット ひとり旅 2011年8〜9月







↑上の写真は馬鹿でかいハナサキガニ♪ 詳細は本文へ・・・


   [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 13 ] [ 14 ]


1日目 ☆〜福岡空港⇒バンコク・スワンナプーム空港へ向かう〜☆


◆今回の旅は福岡空港から始まる。
旅立つ前に、出発地を関空にするか福岡にするか・・・色々悩んだ末、地元の街からそれぞれの空港までの足代ほかを塾考の結果こうなった。

地元の駅を出たのは8月24日の朝07:33で、博多に着いたのが09:13。天候は快晴で何もいうことなし♪
博多駅からタクシーで福岡空港・国際線出発ロビーへ・・・。


福岡空港ターミナルビル3Fの国際線出発ロビーに着くとすぐに委託手荷物のチェックを済ませ、タイ国際航空のチェックインカウンターへ行き用意したEチケットを提示して「福岡→バンコク」「バンコク→プーケット」の搭乗券2枚を受け取る。

スーツケースを預けて身軽になったところで出国審査を済ませ、取りあえずは煙もうもうのスモーキングエリアへ・・・
搭乗待合室は混雑もなく、静かなものだった。

バンコク行きのタイ国際航空TG-649便は、日本航空とのコードシェア便だった。

※ コードシェア便(共同運航便)とは、他社 [今回の場合はタイ国際航空] の運行する便の座席の一部を買い取って
  自社 [今回の場合は日本航空] の便名をつけて顧客に販売すること。


↑↓ 空港の片隅で我々を待つタイ国際航空TG-649便。タラップを使っての搭乗は、なんだか久しぶり・・・って感じだ。

ウィークデイのフライトだというのに機内は満席で、そのほとんどは観光客のようだった。

やがて動き出したTG-649便は、ゆっくりと誘導路から滑走路へ向かう・・・と間もなく、轟音とともに滑走路を後にした。

この日の福岡上空は雲ひとつない晴天で、眼下に広がる景色がいつまでもクッキリ見て取れた。


下の写真をクリックすると別の写真に入れ替わります♪ (合計30枚あり)

クリックすると画像が変わります♪



 バンコク・スワンナプーム空港⇒プーケットへ



スワンナプーム国際空港へ到着したのが8月24日の14:55(日本時間では16:55)・・・ ということは、指折り数えると5時間と20分の空の旅を終えたことになる。微笑みの国タイは、やはり遠かった。。。

空港バスに5分ほど揺られて着いた空港ビルの階段で2階の到着フロアーへ行き、「Transfer to Chiang Mai...Phuket」の案内ボードに沿って歩き「Passport Control(パスポートコントロール)」で乗り継ぎ用の入国審査を受け、国内線出発ゲートへ進む。

プーケット行きTG-221便の出発時間までは3時間余りの余裕があるので、チョイとばかし空いたおなかに何かを詰め込んでおくか・・・ という訳で選んだのが右上の写真のファーストフードとビアシン。
1年ほど前から始めたダイエットだが、まぁ〜今日は特別だ!・・・と、我に言い聞かせてパクついた。

椅子とテーブルが並ぶかなり広い空間の周囲には食い物を並べた店がズラリと軒を連ねていて、日本語表示の店名もいくつか見かけられた。

食事をしながら見れる空港ビルの中庭の庭園は、充分な手が加えられていてとても美しい。

↓ 「国内線出発ホールでの随一のレストラン」・・・? レストランはいっぱいあったような気がしたが。。。笑

レストランを出て国内線出発ゲートへ向かう。

バンコクからプーケットまでの飛行時間は1時間と20分。プーケットに着いて到着ロビーに出ると、懐かしい顔が2つ見えた。
ペガサスツアーの親分の大野ちゃんと、我が弟。・・・ということになってはいるが、実際はヌイちゃんの弟で生粋のタイ人。
久しぶり〜!! スーツケースは弟?に任せて空港ビルの外へ出るや否や、大野ちゃんと私は同時に煙草を取り出した。

10時間余りの禁煙タイム後の煙草の美味いこと! 半ば咳き込みながらプカプカ・・・

プーケットタウンの定宿メトロポールでチェックインを済ませ、ホテルの前のロータリーの反対側にある歩いて2〜3分の食堂へ行く。

オーダーは弟?に任せて、取りあえずはビールで乾杯♪

右上の写真が大野ちゃん。5〜6年前までは頭髪も顎鬚もずいぶん伸ばしていて、メールでは自称「ビンラディン」と名乗っていたが、今じゃ〜ずいぶんと好々爺になったもんだ。

上が来日経験のある弟?のノイで、日本語は話すが読み書きはまったくダメ。だけどレンパイ(タイのオイチョカブ)をさせるとめっぽう強いからムカつく。
右は運転手のチャン。勉強していると聞いた日本語は未ださっぱりだ。 ・・・が、最近英語を少し話せるようになり、なんとか意思の疎通が図れるようになったのは大きい。以前より何度か、彼の趣味の釣りの道具を日本から送ってやったこともあってか、俺の顔を見ると○○ちゃん!といいながらニコニコして話しかけてくるから可愛いもんだ。 

食事を終えてホテルへ帰る。
帰国後にデータを調べた結果、このメトロポールホテルの利用は今回で13回目になるというから、よくぞまぁ〜飽きもせず・・・の感がしないでもない。
この度の一人旅は12泊の予定だが、前半はこのホテルへ6泊して、後半の6泊はパトンのパルミラホテルの予定だ。

今回の大野ちゃんたちへのお土産は次の通りだが、10年以上前から愛用している横巾60cmほどの小型スーツケースの中身の3分の2はお土産が占めており、その隙間に我が衣類などが肩身の狭い思いをしながら身をしのばせ、この度の長旅を終えた・・・というところか。。。笑
【大野ちゃん用】
 ・特大辛子明太子(1kg) ・カレー用福神漬け(1kg) ・激ウマ白菜キムチ(1kg)
【ヌイちゃん用】
 ・ホテル仕様ビーフカレールー(1kg) ・ウニ味噌の瓶詰め(5ヶ) ・タコの塩辛(3袋)



   [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 13 ] [ 14 ]


back