travel
local
meal
fishing
profile
bbs
links
sitemap
top
  




小豆島



クリックするとズームインします。 車で簡単に移動できる1泊2日の小旅行を。。。という友人の要望に応じて企画したのが、今回の小豆島ツアー。
インターネットで探したホテルに予約を入れて総勢7名で出かけた。当日は晴天でかなり暑かったが、旅行には最高の天気だった。

← 画像をクリックするとズームインします。



行程と費用


時間 行        程 費用(7名分)

08:30


11:10

15:00

18:30
23:00
・事前に買った缶ビールやおつまみ
・福山発(8人乗りのワンボックスカーを利用)
・福山東IC→水島IC(山陽自動車道→瀬戸中央自動車道)
・水島IC→宇野港
・宇野港→(フェリー)→小豆島(土庄港12:39着)
・土庄港近くの食堂で昼食+ビール
・鹿島荘ホテルへチェックイン
 ホテル前のビーチで、夕食時間まで過ごす
・ゆっくり温泉に入ったあと、宴会の始まりで〜す!
・飲んで食った後は、お風呂へ入って寝るのが一番。。。
飲み物など

高速料金

フェリー代
昼食


2,900

1,650

12,720
8,240
08:00
09:00



14:00
15:50


19:00
・ホテルで朝食
・ホテルをチェックアウトして小豆島めぐりへ
・お猿の国→寒霞渓→オリーブ公園→ふるさと公園など


・土庄の食堂で昼食+ビール+焼酎
・土庄港→(フェリー)→宇野港17:19着
・宇野港→水島IC
・水島IC→福山東IC(瀬戸中央自動車道→山陽自動車道)
・福山に全員無事到着! 解散!!
宿泊費
(1泊2食付)
@12,000×7
ビールなど
入園料
昼食
フェリー代

高速料金


84,000
10,780
2,380
7,860
12,720

1,650
費用合計 144,900
一人当りの費用は ¥20,700でした。 144,900÷7 =20,700


●宇野港〜小豆島(土庄港)間のフェリー時刻表



問い合わせ先 : 小豆島フェリー渇F野港事務所
TEL 0863-21-3540
フェリー料金 : 車については問い合わせてください。(大人930円 小人470円)

宇野港→土庄港
便 宇野港発 家浦港 唐櫃港 土庄港着
1 05:25 06:05 06:45
2 06:45 07:25 07:45 08:14
3 08:35 09:15 09:35 10:04
4 11:10 11:50 12:10 12:39
5 13:40 14:20 14:40 15:09
6 15:25 16:05 16:25 16:54
7 17:30 18:10 18:30 18:59
8 19:25 20:05 - -
土庄港→宇野港
便 土庄港発 唐櫃港 家浦港 宇野港着
1 - - 06:00 06:40
2 06:55 07:25 07:45 08:24
3 08:40 09:10 09:30 10:09
4 10:10 10:40 11:00 11:39
5 13:10 13:40 14:00 11:39
6 15:50 16:20 16:40 14:39
7 17:50 18:20 18:40 17:19
8 19:10 19:50 20:30



みどころ&遊びどころ


●お猿の国



駐車場から徒歩で7〜8分かかるが、小さな山全体が猿の国になっていて、数百頭もの猿が群れている。



エサを買ってバラまいてやると、多くの猿達がギャーギャー騒ぎながらエサ取りゲームを始める。


●寒霞渓(かんかけい)

日本の三大渓谷の一つに数えられる寒霞渓は、小豆島の有名な景勝地だ。



頂上までは車でも上がれるが、ロープウェイを利用することも可能だ。
ロープウェイの窓から深く切り込んだ渓谷や瀬戸内海の美しい景色を眺めることができる。




●ビーチサイドホテル鹿島荘



鹿島荘はフェリーが着く土庄港から南へ向かって車で5分ほどの場所にあり
館内には露天風呂など3つの風呂がある。



お土産物などを売る売店がある1階ロービー



夕食には真鯛の姿作りが・・・



わいわいガヤガヤの夕食風景





二十四の瞳映画村
瀬戸内の海岸沿いの約1万平方メートルの広大な敷地の中に、映画「二十四の瞳」のロケに使用した大正から昭和初期の村が再現されている。
村には民家などのほかに、岬の分教場やボンネットバスなどもある。

オリーブ公園
公園中央にあるドーム型のオリーブ記念館には、オリーブの女神のアテナ像が建っている。
ほかにも宿泊ロッジやハーブガーデン、ギリシャの風車などがある。

小豆島ふるさと村
見晴らしの良い丘から海岸線に向かう広いスペースに、国民宿舎やロッジ、キャンプ場などを備えた総合レジャーランド。
プールや釣り用桟橋などもあるので、夏にファミリーで行くと最高だ。


back